Botanic Garden
"Botanic Garden"

Since: March 28, 2001 (揮毫: 二宮深翠)
Google
WWW を検索 BOTANIC.JP を検索


  この小さな「ボタニックガーデン」は、ふだんの朝な夕なに、あるいはおもに東北から関東・中部・近畿地方あたりの山野や海岸、植物園などで、たまたま巡り会った樹木や草花の写真を集めたものです。カメラのファインダーでは見えなかったところも、あとで写真をゆっくり 眺めてみると新たな発見がいっぱいあります。子どものころにはずいぶんと植物の名前を覚えたつもりなのに、いざ自然のなかに飛びこんでみると、あまりの知らなさに戸惑いを感じます。年をとると、あの「火の鳥」のような自然に回帰するのかな。とはいえ、耳順の年を過ぎた今日この頃、融通無碍に生きたいと思うのも、自然の成り行きなのでしょう。


  Thank you for visiting our website "Botanic Garden". It is just a site intended to provide free information on various plants (6,318 species), and written in mainly Japanese. Though, we start on translating into English. Currently, English version has finally been completed up to 60 % (3,790 species).
  [Attention] Our "Botanic Garden" is NOT a nursery, sorry to say that we do NOT sell plants.



Browse by Latin Names: 「学名索引」


[A] [B] [C] [D] [E] [F] [G] [H] [I] [J] [K] [L] [M] [N] [O] [P] [Q] [R]
[S] [T] [U] [V] [W] [X] [Y] [Z]


Browse by Japanese Names: 「和名索引」


[あ] [か] [さ] [た] [な] [は] [ま] [や] [ら] [わ]

[分類別] [体系別] 現在 -6,318 種-
学名表記で、"sp." は〜属の一種、"ssp." は亜種、"var." は変種、"f." は品種、"cv." は栽培品種、"x" は種間交雑種、"X" は属間交雑属を表します。

Browse by Common Names: 「英名索引」


[A] [B] [C] [D] [E] [F] [G] [H] [I] [J] [K] [L] [M] [N] [O] [P] [Q] [R]
[S] [T] [U] [V] [W] [X] [Y] [Z]
Currently Entries-6,318 species-
(English Version)-3,790 species-



  つぎのリンクは、海外で撮影した植物や食用作物、虫えいなどのほか、観察スポットや更新記録などを掲載しています。

[アメリカ(USA)] [スペイン(ESP)] My Favorite: [観察スポット]
[イギリス(GBR)] [フランス(FRA)] Refernce Book: [参考図書]
[スイス(CHE)] [アイルランド(IRL)] What's new: [更新記録]
[オランダ(NLD)] [ベルギー(BEL)]
[トルコ(TUR)] [ギリシャ(GRC)] [クロアチア(CRO)]
[インド(IND)] [コスタリカ(CRI)]
[韓国(KOR)] [中国(CHN)] [ベトナム(VNM)] [シンガポール(SGP)]
[ニュージーランド(NZL)] [オーストラリア(AUS)]
[太陽の花たち] [野菜と果物] 現在 -484 種-
[虫えい] [名無しの花たち] [野山の動物たち] 現在 -215 種-

  植物の分類については、BGPlants 作成グループの「YList」に準じています。被子植物は、クロンキストの体系(Cronquist: 1981年)です。
  和名や学名は、「Atok 用YList 和名学名辞書」、成匙(Xtianj)さんの「植物名検索」を基準に、英名(Common Name)についてはイギリスの 「Plants for a Future」、アメリカ農務省(USDA)の「Plants Database」を標準にしています。
  植物の種名の同定にあたっては、できるだけ多くの情報に基づいて正確を期しているつもりですが、それでも誤謬があると思います。ご指摘いただければ幸いです。ただ時間があまりないので、訂正が遅くなることがありますが、ご容赦ください。

Dove  
No war ! No nuclear weapons !

  We lay it down that the use or threat of nuclear weapon shoud be outlawed. No more Hiroshimas and Nagasakis !


Last modified: November 01, 2014  


  トルコとギリシャの植物写真が届いたので、今月はその特集となります。トルコとギリシャの植物図鑑が到着しましたが、掲載数が少なく、悪戦苦闘がはじまっています。
  この前の週末は、久々に山行き。福島県須賀川市にある笠ヶ森山にちょっと登ってきました。咲き残りの花が少し見られただけでしたが、山頂からの眺めは最高。猪苗代湖と磐梯山、猫魔ヶ岳や雄国山とのコラボは見飽きることのないものでした。
  このボタニックガーデンも、始めてからはや13年7か月。よく飽きもせずにといわれますが、水と食料を詰めたデイバッグを背負って、フィールドノートを片手に、それでも黙々と撮り続けています。かなり重くなるので、キヤノンの EOS7D と交換レンズ、それにガーミンのGPSを連れてくだけ。
  HTML文書の作成には、エムエディタEmEditor Professional)を、画像のトリミングについては、ペイントショッププロPaintShop Pro X7)を使用しています。ちなみにパソコンは、2003年から塩尻市にあるエプソンEpson)製を選択。現在は NY3300S と TN10E の2台を併用しています。

  このホームページはリンクフリーです。掲載している写真にはすべて著作権が存在します。ただ撮影者が明記されていない、わたし自身か撮影したものについては、教育や非営利目的であれば使っていただいて構いません。それ以外の目的で使用されるときは、事前に連絡をお願いします。

Si-Ting Huan
黃思婷
  一昨年、台湾の黃思婷(Huáng Sī Tíng)さんの心霊音楽(仏教系のヒーリング音楽)に出会い、時間があるときには聴いています。なかでも「自由」が好きです。こころの安寧を祈る「自由(zì yóu)の歌詞

※2014年7月、新しい CD 「雲兒飄」がリリースされました。なかに収録されている「雪花」には、黃思婷さんが一番好きな歌手という、夏川りみさんの雰囲気があります。

  YesAsia.com のおかげで、ずいぶんと楽に台湾の CD を入手できることができるようになりました。感謝です。

rGyalmorong rGyalmorong rGyalmorong 
rGyalmorong  -女王谷-

中国・チベット自治州丹巴県
四姑娘山周辺の花図鑑


Never Give Up

旅人フォトグラファー(写真家)ユーマ ファミリー
子連れバックパッカーで世界を撮る
  Shinshu University



 春寂寥
 sung by
 ボニージャックス

 春寂寥
 sung by
 信大混声合唱団
 &グリークラブ


  The photos in this website may be used freely without copyright charges as long as they are used for educational or other non-profit purposes.
  The copyright of the photos belongs to the author. Prior permission must be obtained from shu(^^) for use of the photos in any website, textbook or other publication.

Botanical Gardens Faculty of Science Osaka City University
ChusanTore-Tate.com
京都ホテル Kyoto-Hotels

京都ホテルに泊まって庭園巡り

YesAsia.comWeblioEmEditorNextFTPValid HTML 4.01!
Sanriku-fukkou
(揮毫: 金澤翔子)

穏やかな未来でありますように

Pray for the calm future.
Beyond the tsunami

The Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant: February 01, 2014

福島第一原発(福島県富岡町「大倉山」より)
2014年02月01日撮影。




Ayano Uema
上間綾乃
    なぜか浜通りにくると、沖縄の唄者(うたしゃ)・上間綾乃さんの「ソランジュ(空の樹)」という歌をくちずさむ。この同時代に生きることの悲しみ。祈りを込めて、共に乗り越えようという鎮魂の歌。

ソランジュ(1)」   「ソランジュ(2)
ソランジュの歌詞

※2014年7月、新しい CD 「はじめての海」がリリースされました。
Yuhko Narisoko
成底ゆう子
    ふるさとはいつでも帰っておいでと呼びかける。石垣島生まれの成底ゆう子さんが歌う「生まり島」は、暖かに見つめていてくれるふるさとのうた。

生まり島
生まり島の歌詞

※2014年4月、新しい CD 「生まり島(うまりじま)」がリリースされました。
Ayako Ikeda
池田綾子
    日本語の「韻」を大切にした歌詞やメロディーを、クラシックの発声を基調とした独自の歌唱法で歌う池田綾子さん。この「種(たね)」は、なかでも好きな一曲。

種(たね)
種(たね)の歌詞

※2014年6月、新しい サントラ CD 「にっぽん縦断こころ旅2014」がリリースされました。
Kumiko
クミコ
    私の学生時代、被爆者の思いを歌った曲としては、1982年の「折り鶴」がありました。2010年2月、「原爆の子の像」のモデルだった佐々木禎子さんと平和への想いを綴った歌が発表されています。

INORI〜祈り〜

※2014年7月、新しい CD 「広い河の岸辺」がリリースされました。
Shuji Yasuhara
安原修次
    野の花写真家の安原修次さんとは、滋賀県の伊吹山で最初にお遭いしてからかれこれ9年。昨年9月に、田村市の大滝根山山頂でまったく奇跡の再会となりました。
    昨年春から秋の半年間、海岸から山野を巡って撮影された貴重な花の写真集、「浜通りの花」が発刊されています。78才となられたこの春から秋までは、北海道の夕張への旅。結局、お会いに行けずじまいになりました。
Counter:
Visitor hits (February 8, 2003)

Copyright 2001-2014 shu(^^). All rights reserved.

Shu Suehiro
shu@botanic.jp
16743-1"; urchinTracker();