ブレクヌム・ギッブム

Blechnum gibbum

Blechnum gibbum

Blechnum gibbum

Blechnum gibbum

ヒリュウシダ属は熱帯地方に40種ほどが分布しています。本種はニューカレドニアが原産です。茎が直立して1メートル以上になる木性シダで、茎の上部から葉が叢生します。葉は単羽状複葉で、葉の縁が波打ちます。別名で、旧属名の「ロマリア」と呼ばれることがあります。 
シシガシラ科ヒリュウシダ属の常緑シダ類で、学名は Blechnum gibbum。英名は Dwarf tree fern、Palm fern。 
Dwarf tree fern (Blechnum gibbum) belongs to the Blechnaceae family. Blechnum is a genus of about 40 species occur in tropical area. This speceis is an evergreen perennial fern that is native to New Caledonia. This is a tree fern, erect stems can reach up to 1 m in height. Leaves are pinnate compounds with waved edges, and crowding on the terminal stem. Dwarf tree fern is also called previous genus Lomaria. 
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年01月23日撮影。
[中2] 韓国・果川(クァチョン)市莫渓洞(マッケドン)「ソウル大公園」にて、2007年01月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] イギリス・リッチモンド・アポン・テムズ「キューガーデン」にて、2018年06月22日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp