ハオルチア・レツーサ (寿)

Haworthia retusa

Haworthia retusa

Haworthia retusa

南アフリカのケープ地方が原産です。薄緑色の三角形の葉が、直径10センチほどのロゼットを形成します。葉の先端には、半透明の窓があります。晩春に花茎を伸ばして、薄緑の筋が入った小さな白い花を咲かせます。園芸上は「寿」と呼ばれます。 
ユリ科ハオルチア属の常緑多年草で、学名は Haworthia retusa。
英名は Star cactus。 
Star cactus (Haworthia retusa) belongs to the Cactaceae (the Cactus family). It is an evergreen herb that is native to the Cape Privince in South Africa. Light green triangle leaves form rosettes about 10 cm in diameter. They have translucent windows at the tip. It extends the flower stem in late spring, and blooms small white flowers with light green streaks. 
[上・中] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2003年12月13日撮影。
[下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年08月19日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp