ひめはっか (姫薄荷) [Index] [Back]

Mentha japonica

Mentha japonica

わが国の北海道と本州に分布しています。低地の湿地に生え、高さは20〜40センチになります。細い地下茎を伸ばして広がります。葉は対生し、長楕円形で全縁です。8月から10月ごろ、淡い紅紫色または白色の花が茎頂に集まって咲きます。果実は4個の分果からなり、分果はやや扁平な楕円形です。「はっか(薄荷)」と同じ芳香があります。 
シソ科ハッカ属の多年草で、学名は Mentha japonica。英名はありません。 
is distributed in Hokkaido ant Honshu. This herb grows in lowland wetlands and its height is 20-40 cm. It spreads by elongated thin rhizomes. The leaves are opposite, oblong and with entire margins. The pale violet purple or white flowers bloom gathering at the top of stem from August to October. The fruit consists of 4 mericarps. They are somewhat flat elliptic. It has the same aroma as Japanese mint (Mentha arvensis var. piperascens). 
高知市五台山「牧野植物園」にて、2017年09月29日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp