ひょうたんのき (瓢箪の木)

Crescentia cujete

Crescentia cujete

Crescentia cujete

Crescentia cujete

Crescentia cujete

Crescentia cujete

Crescentia cujete

Crescentia cujete

Crescentia cujete

熱帯アメリカおよび西インド諸島が原産です。高さは7.5〜15メートルになります。葉は楕円形で、幹や枝の節に集まってつきます。春先、節に淡い緑白色の花を咲かせます。蝙蝠媒花です。果実は成長すると、直径30センチほどの球形になります。果肉は薬用に、また殻は容器やスコップなどに利用されます。別名で「ふくべのき(瓢の木)」とも呼ばれます。 
ノウゼンカズラ科クレスケンティア属の常緑高木で、学名は Crescentia cujete。英名は Calabash tree、Calabash。 
Calabash tree (Crescentia cujete) belongs to the Bignoniaceae (the Trumpet creeper family). It is a tall evergreen tree that is native to tropical America andthe West Indies. This ree can reach 7.5-15 m in height. Leaves are elliptic and fascicled on the nodes of stems and branches. Pale greenish white flowers come in spring. This is a bat-pollinated flower. Fruits ripen globose about 30 cm in diameter. The pulp of fruits are used as medicines, and the shells are used for vessels or shovels. 
[上・中1〜2] 名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、2006年11月15日撮影。
[中3・中6] 同上にて、2007年12月06日撮影。
[中4] 同上にて、2007年01月12日撮影。
[中5] 静岡県浜松市「浜松市フルーツパーク」にて、2005年11月19日撮影。
[中7・下] 新潟市秋葉区金津「新潟県立植物園」にて、2018年01月21日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp