パッシフローラ・キトリナ

Passiflora citrina

Passiflora citrina

Passiflora citrina

Passiflora citrina

Passiflora citrina

Passiflora citrina

Passiflora citrina

Passiflora citrina

ホンジュラスからグアテマラの東部に分布しています。高原の松林のなかに生え、長さは6メートルほどになります。葉は特徴のあるかたちに2〜3裂しています。3月から12月ごろまで、小さな黄色い花を咲かせます。1989年にマクドゥーガル(John M. MacDougal)によって発見されました。 
トケイソウ科トケイソウ属の常緑小低木で、学名は Passiflora citrina。英名はありません。 
Passiflora citrina belongs to the Passifloraceae (the Passion flower family). It is an evergreen woody vine that is native Central America, from Honduras to eastern Guatemala. This vine grows in the upland pine forests and can reach about 6m long. The leaves are divided into 2-3 lobes. The small yellow flowers come from March to December. This species was discovered by John D. MacDougal in 1989. 
[上・中1] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2007年06月29日撮影。
[中6・下] 同上にて、2017年09月22日撮影。
[中2・中5] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、2006年10月30日撮影。
[中3・中4] 同上にて、2004年11月12日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp