ドイツすずらん (鈴蘭)

Convallaria majalis var. majalis

Convallaria majalis var. majalis

Convallaria majalis var. majalis

Convallaria majalis var. majalis

スズラン属は一属一種で、わが国や朝鮮半島に分布する「すずらん」はその変種です。花壇などで栽培されているのは,ヨーロッパ原産の「ドイツすずらん」です。4月から5月ごろ、真っ白なベル形の花を咲かせます。花が葉と同じ高さで咲くのが特徴です。
ユリ科スズラン属の多年草で、学名は Convallaria majalis var. majalis。英名は Lily of the valley。
The Lily of the valley (Convallaria majalis var. majalis) belongs to Liliaceae family (the Lily family). It is a perennial herb that is the only species in the genus. Lily of the valley that distributed to Japan and the Korean Peninsula is a variety of this species. Lily of the valley that is native to Europe is planted in beddings and all that. The pure white bell-shaped flowers bloom in April through May. It is difined by the flowering stalks as high as the leaves.
[上・中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年03月21日撮影。
[中2] 同上にて、2002年04月20日撮影。
[下] スイス・ベルン州「シーニゲプラッテ高山植物園」にて、
2013年07月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp