チランドシア・キアネア (花アナナス)

Tillandsia cyanea

Tillandsia cyanea

Tillandsia cyanea

Tillandsia cyanea

Tillandsia cyanea

Tillandsia cyanea

Tillandsia cyanea

Tillandsia cyanea

チランドシアの仲間は、南北アメリカの広い範囲に400種以上が分布しています。多くはロゼット状で、着生種や自生種などがあり、その生態は多様です。キアネア種は南アメリカの原産で、和名では「はなアナナス」と呼ばれます。葉は細長く30センチほど。花茎の先の扁なピンク色の苞から、薄紫色の花をまばらに咲かせます。 
パイナップル科ハナアナナス属の多年草で、学名は Tillandsia cyanea。英名はありません。 
Tillandsia genus are more than 400 species and distributed in a wide range of the Americas. Many of then are rosette shapes, epiphytes or terrestrial, and their ecology is diverse. Tillandsia cyanea belongs to the Bromeliacea (the Pine apple family). It is a perennial herb that is native to South America. The leaves are linear and about 30 cm long. The pale purple flowers bloom on the flat pink bracts. 
[上] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2004年11月05日撮影。
[中1・中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年11月11日撮影。
[中3] 群馬県安中市「碓氷川熱帯植物園」にて、2008年12月06日撮影。
[中4〜6・下] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2017年09月22日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp