ツルバギア・ビオラケア

Tulbaghia violacea

Tulbaghia violacea

Tulbaghia violacea

Tulbaghia violacea

Tulbaghia violacea

Tulbaghia violacea

南アフリカの東ケープ、トランスバール地方が原産です。英名のまま「ソサイアティガーリック」とも呼ばれますが、葉にはニンニク臭があります。春から秋にかけて、紫がかったピンク色の花を咲かせます。花や葉、茎は料理に利用されるそうです。 
ユリ科ツルバギア属の多年草で、学名は Tulbaghia violacea。
英名は Society garlic。 
Society garlic (Tulbaghia violacea) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to East Cape; Transvaal Province of South Africa. The leaves are linear and have a garlic-like odor. The flowers are purple tinged pink and appear from spring to fall. It's flowers, leaves and stalks are used in cooking. 
[上・中1] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、
2004年04月11日撮影。
[中2] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] 茨城県神栖市太田にて、2009年7月26日撮影。
(photo by Kazuko Iguchi)
[下] ポルトガル・アルガルヴェ地方カストロマリンにて、
2015年11月15日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp