アカシア・アネウラ

Acacia aneura

Acacia aneura

オーストラリアが原産で、南東部を除く地域に広く分布しています。乾燥した地域に生え、成長は非常に遅いですが、高さは7メートルほどになります。葉は線形の仮葉(Phyllode)で、灰緑色をしています。春または降雨のあった時期に穂状花序をだし、小さな棒状の黄色い花を咲かせます。材は堅く、アボリジニの人々はブーメランに利用したそうです。 
ネムノキ科アカシア属の常緑低木で、学名は Acacia aneura。英名は Mulga。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年11月29日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp