アカシア・メラノキシロン

Acacia melanoxylon

Acacia melanoxylon

オーストラリアの南東部、ニューサウスウェールズ州からビクトリア州、南オーストラリア州それにタスマニア島に分布しています。高さは12〜15メートルになり、100年以上生き続けます。樹皮は暗褐色で深い割れ目があります。葉は倒披針形で革質、濃い灰緑色をしています。3〜5個の平行脈があります。3月ごろ、葉腋から花梗を伸ばして球状花序をつけ、淡いクリーム色の花を咲かせます。材は良質で装飾材や家具に利用され、また樹皮からはタンニンが採取されます。別名で「ブラックウッド」とも呼ばれます。 
ネムノキ科アカシア属の常緑高木で、学名は Acacia melanoxylon。英名は Blackwood。 
 
京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2006年01月12日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp