アガウェ・ストリアタ

Agave striata

Agave striata

メキシコの北部と東部に分布しています。ロゼットの大きさは90センチほどになり、群生します。葉は青緑色で白粉をふき、しばしば赤色や紫色を帯びます。また細かい鋸歯があり、先端には鋭い棘があります。成熟すると黄色い花を咲かせますが、花茎はありません。 
リュウゼツラン科リュウゼツラン属の多年草で、学名は Agave striata。英名は Narrow-leaf agave、Striated agave。 
 
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2003年12月07日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp