アガウェ・チタノータ

Agave titanota

Agave titanota

メキシコ中部のオアハカ州に分布しています。高さは30〜45センチほどになります。葉は肉厚で、ロブスターのようなかたちをしています。縁には褐色の鋸歯と棘があります。また成長すると、白粉で被われるためほとんど灰白色に見えます。 
リュウゼツラン科リュウゼツラン属の常緑多年草で、学名は Agave titanota。英名はありません。 
 
アメリカ・ニューヨーク州「ニューヨーク植物園」にて、2004年03月18日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp