ありさんひめばらん (阿里山姫葉蘭)

Peliosanthes macrostegia

Peliosanthes macrostegia

中国南部からベトナム、台湾に分布しています。熱帯雨林や広葉樹林、竹林、潅木帯などに生え、高さは30〜50センチになります。葉は披針形から長楕円形で、長い葉柄があります。4月から6月ごろ、花茎を伸ばして総状花序をつけ、紫色をした鐘形の花を咲かせます。果実は7月から9月に熟します。和名は、台湾中西部の山岳地帯、阿里山(Alishan)に因みます。 
ユリ科シマバラン属の常緑多年草で、学名は Peliosanthes macrostegia(syn. Peliosanthes arisanensis)。英名はありません。 
 
愛知県名古屋市千種区「東山植物園」にて、2005年12月27日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp