アンペラい (アンペラ藺)

Machaerina rubiginosa

Machaerina rubiginosa

Machaerina rubiginosa

わが国の本州、東海地方以西から四国・九州、それにインドネシアやオーストラリア、シドニーに分布しています。湿地などに生え、高さは50〜100センチになります。葉は扁平な楕円形で根生します。アンペラとは、「コーリャン(高粱, Gaoliang)」の茎などで編んだ蓆をいいますが、ポルトガル語の「Ampero(日被い)」またはマレー語の「Ampela」に由来するそうです。 
カヤツリグサ科アンペライ属の多年草で、学名は Machaerina rubiginosa。英名はありません。 
 
京都府精華町「花空間けいはんな」にて、2006年10月03日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp