アネモネ・マゲラニカ

Anemone magellanica

南アメリカのアルゼンチンからチリ、パタゴニアに分布しています。高さは15〜30センチになり、葉は羽状複葉で毛に被われています。春に、花茎を伸ばしてクリーム色の花を咲かせます。葯は黄金色をしています。 
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草で、学名は Anemone magellanica。英名はありません。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年04月21日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp