アネモネ・シルウェストリス (梅花一華)

Anemone sylvestris

Anemone sylvestris

Anemone sylvestris

ヨーロッパの中・東部からコーカサス地方に分布しています。草原や林内に生え、高さは20〜30センチになります。全体が軟毛に被われ、葉は掌状に分裂します。4月から5月ごろ、花茎を伸ばして白色の花を咲かせます。萼片は5個で、雄しべは黄色です。和名では「ばいかいちげ(梅花一華)」と呼ばれます。 
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草で、学名は Anemone sylvestris。英名は Snowdrop anemone。 
 
長野県大町市常盤「ラ・カスタ」にて、2006年05月09日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp