あおげいとう (青鶏頭)

Amaranthus retroflexus

Amaranthus retroflexus

南・北アメリカが原産です。わが国へも帰化していて、各地の荒れ地や道端で見ることができます。高さは40〜100センチほどになり、葉は菱状卵形で先端が尖ります。7月から11月ごろ、茎の上部や葉腋から穂状花序をだして、黄緑色の花を咲かせます。よく似た「ほそあおげいとう(細青鶏頭)」は、花序が細く多くの横枝があることで区別されます。 
ヒユ科ヒユ属の一年草で、学名は Amaranthus retroflexus。英名は Pigweed、Redroot pigweed。 
 
大阪府交野市「ほしだ園地」にて、2004年09月14日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp