アルクトテカ・カレンドゥラ

Arctotheca calendula

Arctotheca calendula

Arctotheca calendula

Arctotheca calendula

南アフリカとイベリア半島が原産です。無茎で横たわり、直径50センチほどに広がります。やや銀色をおびた葉は深く切れ込み、基部でロゼットを形成します。花期は長く4月から10月ごろまで。鮮やかな黄色の頭花を咲かせます。花は昼間に開いて、夜閉じます。暖地では、露地で冬越しができます。 
キク科アルクトテカ属の多年草で、学名は Arctotheca calendula。英名は Cape weed。 
Cape weed (Arctotheca calendula) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to South Africa and the Iberian Peninsula. This herb lays without stems and spreads to about 50 cm in diameter. The slightly silvery leaves cut deeply and form a rosette at the base. The flowering season is long, and bloom bright yellow flower-heads from April to October. The flower opens in the daytime and closes at night. In a warm area, it can pass the winter on the open ground. 
[上・中1] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2002年05月04日撮影。
[中2・下] ポルトガル・ブラガ県「エシュポゼンデ海岸」にて、2019年03月29日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp