アレカ・ウェスチアリア [Index] [Back]

Areca vestiaria

Areca vestiaria

Areca vestiaria

インドネシアの東部、とくに北スラウェシ島が原産です。熱帯雨林の標高1200メートルまでの低山地帯に生え、高さは6〜8メートルになります。その形態は、他のヤシの仲間に比較して多様性があり、とりわけそのクラウンシャフト(幹上部)の色は標高によって、赤色からオレンジ色まで変化します。小さな黄色からオレンジ色の花はクラウンシャフトの下に現れ、「びんろうじゅ(檳榔樹)」に似たオレンジ色から濃赤色の卵形の果実ができます。 
ヤシ科ビンロウ属の常緑小高木で、学名は Areca vestiaria。英名は Orange crownshaft palm。 
Orange crownshaft palm (Areca vestiaria) belongs to the Arecaceae (the Palm family). It is a semi-tall tree that is native to eastern Indonesia especially North Sulawesi. This tree grows in low mountainous terrain up to an elevation of 1200 m in the rain forests, and up to a height of 6-8 m. Its morphology is more diverse than other species of palms, and in particular the color of its crownshaft (upper trunk) changes depending on altitude (varying between red and orange). It is monoeceious. The small yellow or orange flowers emerge from beneath the crownshaft, and bear orange to dark red ovate fruits similar to Betel-nut palm (Areca catechu). 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、2011年12月04日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp