アリストロキア・グランディフローラ

Aristolochia grandiflora

Aristolochia grandiflora

メキシコから中央アメリカ、西インド諸島に分布しています。川沿いなどに生え、蔓性で細い茎を他の樹木などに絡みついて伸びます。葉は薄くて大きな心形で、互生します。花は葉腋につき、長さ30センチほどで、長くて細い尾が垂れ下がります。咽部は黒紫色です。また花には悪臭がありますが、チョウ類の幼虫の食草になっています。和名では「ペリカンばな(ペリカン花)」と呼ばれます。 
ウマノスズクサ科ウマノスズクサ属の落葉多年草で、学名は Aristolochia grandiflora。英名は Pelican flower、Duck flower。 
 
京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2006年11月08日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp