オーストラリアへご

Cyathea australis

Cyathea australis

Cyathea australis

Cyathea australis

Cyathea australis

Cyathea australis

オーストラリアの東部が原産です。海岸沿いから山地までに広く生える木性シダ類で、高さは10メートルほどになります。葉状体は放射状に広がり、細かく分裂して長さは4.5メートル以上になります。耐寒性があり、よく栽培されています。 
ヘゴ科ヘゴ属の常緑シダ類で、学名は Cyathea australis(syn. Alsophila australis)。英名は Rough tree fern、Australian tree fern。 
Rough tree fern (Cyathea australis) belongs to the Cyatheaceae (the Tree-fern family). It is an evergreen tree fern that is native to eastern Australia. This fern grows widely in coastal areas to the mountains and can reach about 10 m in height. Fronds are radiating, finely divided and up to 4.5 m long. Rough tree fern is a hardy and very popular fern in cultivation. 
[上・中1〜3] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2006年12月21日撮影。
[中4・下] アメリカ・フロリダ州「エジソン&フォード・ウィンターエステート」にて、2011年09月28日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp