あずまれいじんそう (東怜人草)

Aconitum pterocaule

Aconitum pterocaule

わが国の本州、中部地方から関東地方に分布しています。山地の林内などに生え、直立あるいは蔓性で、高さは80〜100センチになります。葉は5〜7中裂します。8月から10月ごろ、総状花序をだし、淡い紅紫色の花を咲かせます。 
キンポウゲ科トリカブト属の多年草で、学名は Aconitum pterocaule。英名はありません。 
 
新潟県妙高市杉野沢「笹ヶ峰」にて、2005年08月29日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp