いぶきこごめぐさ (伊吹小米草)

Euphrasia insigna ssp. iinumai var. iinumai

Euphrasia insigna ssp. iinumai var. iinumai

Euphrasia insigna ssp. iinumai var. iinumai

わが国の本州、近畿地方の伊吹山周辺に分布しています。半寄生植物で日当たりの良い草原に生え、高さは10〜20センチになります。葉は卵形から円形で、縁には2〜4対の鈍鋸歯があります。8月から9月ごろ、上部の葉腋に白色の唇形花を咲かせます。下唇は幅広くて3裂し、オレンジ色の斑があります。 
ゴマノハグサ科コゴメグサ属の一年草で、学名は Euphrasia insigna ssp. iinumai var. iinumai。英名はありません。 
 
岐阜県揖斐川町春日川合「伊吹山」にて、2005年10月09日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp