イリマ

Sida fallax

Sida fallax

Sida fallax

Sida fallax

Sida fallax

ハワイ諸島のオアフ島、それにハワイ島やマウイ島が原産です。高さは1.2メートルほどになり、標高600メートル以上にまで分布しています。心形の葉は明るい緑色で、縁がわずかに波打ちます。葉腋から花柄を伸ばして、「ハイビスカス」に似た小さな花を咲かせます。花色は黄色からオレンジ色をしています。オアフ州の州花で、レイの材料として使われてきました。 
アオイ科キンゴジカ属の常緑小低木で、学名は Sida fallax。英名は Ilima、Yellow ilima。 
The ilima (Sida fallax) belongs to the Malvaceae (the Mallow family). It is an evergreen shrub that is native to Oahu Island, Hawaii and Maui Island of the Hawaiian Islands. This shrub grows up to a height of about 1.2 m, and is distributed to over 600 m above sea level. The leaves are heart-shaped, bright green with slightly wavy edges. The hibiscus-like small flowers bloom on the axillary peducles. The flower-color is yellow to orange. It is a state flower of Oahu Province, and it has been used as a material for Ray. 
[上・中1] アメリカ・ニューヨーク「ブルックリン植物園」にて、2002年10月13日撮影。
[中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2003年02月14日撮影。
[中3・下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、2011年12月04日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp