インパチェンス・ゾムベンシス

Impatiens zombensis

Impatiens zombensis

Impatiens zombensis

アフリカの熱帯地方、マラウィからモザンビークに分布しています。日陰に生え、高さは30センチほどになります。茎は赤みを帯び、葉は卵形で互生して、縁には細かい鋸歯があります。5月から10月ごろ、小さなピンク色の花を咲かせます。 
ツリフネソウ科ツリフネソウ属の常緑多年草で、学名は Impatiens zombensis。英名はありません。 
 
[上] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2006年02月17日撮影。
[中] 同上にて、2005年11月28日撮影。
[下] 同上にて、2005年02月15日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp