いぬわらび (犬蕨)

Athyrium niponicum

わが国の各地と台湾、朝鮮半島、中国に分布しています。山地や人家の近くなどに生える夏緑性シダです。根茎は地中這って広がり、葉茎や羽軸はしばしば赤みを帯びます。葉は2回羽状複生で軟らかく、先端が急に細くなります。ソーラス(胞子嚢群)は線形かかぎ形で、中肋の両側につきます。 
イワデンダ科メシダ属のシダ類で、学名は Athyrium niponicum。英名は Japanese lady fern。 
 
奈良県下市町広橋にて、2003年05月03日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp