いぬやまはっか (犬山薄荷)

Rabdosia umbrosa

Rabdosia umbrosa

Rabdosia umbrosa

わが国の本州、関東地方西部から中部地方東南部に分布しています。山地のブナ林などに生え、高さは20〜80センチになります。葉は長楕円状披針形で、縁には鋸歯があり対生します。9月から10月ごろ、枝先の総状花序に青紫色の花を咲かせます。花冠の上唇は浅く4裂して反り返り、下唇は舟形です。「やまはっか(山薄荷)」に似ていますが、上唇に線状の斑点がありません。 
シソ科ヤマハッカ属の多年草で、学名は Rabdosia umbrosa。英名はありません。 
 
岐阜県揖斐川町春日川合「伊吹山」にて、2005年10月09日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp