イオノプシディウム・アカウレ

Ionopsidium acaule

Ionopsidium acaule

ポルトガルが原産です。「すみれ(菫)」に似ていますが、イベリス属の近縁です。高さは10センチほどの矮性で、カーペット状に広がります。11月から4月ごろ、小さな薄紫色または白色の4弁花を咲かせます。花には芳香があります。 
アブラナ科イオノプシディウム属の一年草で、学名は Ionopsidium acaule。英名は Violet cress、Diamond flower。 
 
大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年03月21日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp