いたちささげ (鼬大角豆)

Lathyrus davidii

Lathyrus davidii

Lathyrus davidii

わが国の各地をはじめ朝鮮半島や中国東北部にかけて分布しています。山地の日当たりの良い草原に生え、高さは120センチほどになります。葉は2〜4回偶数羽状複葉で、互生します。7月から8月ごろ、葉腋から花序をのばして蝶形の花を咲かせます。花ははじめ黄色ですが、やがて褐色に変わります。名前は花の色がイタチの毛の色に似ることから。 
マメ科レンリソウ属の多年草で、学名は Lathyrus davidii。英名はありません。 
 
長野県東御市新張「湯の丸高原」にて、2005年07月09日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp