いわしゃじん (岩沙参)

Adenophora takedae

Adenophora takedae

わが国の本州、関東地方西部から中部地方東南部に分布しています。山地の湿り気のある岩礫地に生え、茎は細くて弓なりになり、長さは30〜70センチになります。葉は披針形から広線形で互生します。9月から10月ごろ、茎頂に総状花序をだし、紫色の鐘形の花を咲かせます。花柱は花冠から突き出ません。 
キキョウ科ツリガネニンジン属の多年草で、学名は Adenophora takedae。英名はありません。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年08月11日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp