おひしば (雄日芝)

Eleusine indica

Eleusine indica

Eleusine indica

Eleusine indica

わが国の本州から四国・九州、それに世界の熱帯から暖帯地域に広く分布しています。道端や荒れ地に生え、高さは30〜50センチになります。茎は扁平で、根元から株立ちします。踏みつけがあるときは斜上します。線形の葉は強靱で、縁には軟らかい毛が生えます。8月から9月ごろ、茎頂に傘形の花序をだし、片側に規則正しく2列に並ぶ小穂をつけます。 
イネ科オヒシバ属の一年草で、学名は Eleusine indica。英名は Wire grass。 
 
[上] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、2006年01月06日撮影。
[中1・中2] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2005年09月03日撮影。
[下] 同上にて、2004年08月15日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp