おやましもつけ (御山下野)

Spiraea japonica f. alpina

Spiraea japonica f. alpina

「しもつけ(下野)」の高山型の一品種です。全体に小型で、高さは60センチほどになります。「しもつけ」よりも小さな葉は卵形から楕円形で互生し、縁には鋭い鋸歯があります。7月から8月ごろ、茎の先の散房花序に濃いピンク色の花を咲かせます。 
バラ科シモツケ属の落葉小低木で、学名は Spiraea japonica f. alpina。英名は Daphne spirea。 
 
長野県山ノ内町「東舘山高山植物園」にて、2005年07月15日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp