うらはぐさ (裏葉草)

Hakonechloa macro cv. Aureola

Hakonechloa macro cv. Aureola

わが国の固有種で、本州の関東地方から東海地方の太平洋側と紀伊半島に分布しています。山地の崖などに生え、桿は細く高さは40〜70センチになります。葉は線状披針形で、葉の裏側が上を向いています。8月から10月ごろ、長さ5〜15センチの円錐花序をだし、黄緑色の小穂をつけます。別名で「ふうちそう(風知草)」とも呼ばれます。写真は、黄地に緑の条が入る園芸品種の「きんうらはぐさ(cv. Aureola)」。 
イネ科ウラハグサ属の常緑多年草で、学名は Hakonechloa macro。英名は Hakone grass。 
 
長野県大鹿村大河原にて、2005年09月22日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp