ベゴニア・コンウォルウラケア

Begonia convolvulacea

Begonia convolvulacea

ブラジル南部のサンパウロ州、大西洋岸のセラドマル山脈に分布しています。熱帯雨林に生え、蔓性で匍匐して広がります。葉は大きくて「ぶどう(葡萄)」の葉に似ています。冬の終わりに、大きな集散花序をだし、小さな白い花を咲かせます。 
シュウカイドウ科シュウカイドウ属の常緑多年草で、学名は Begonia convolvulacea。英名は Morning-glory begonia。 
 
大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2006年01月06日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp