ベゴニア・レニフォルミス

Begonia reniformis

Begonia reniformis

ブラジルからコロンビアに分布しています。よく分枝して、高さは90センチ以上になります。茎は太く、赤い毛が生えています。倒卵形の葉は「ぶどう(葡萄)」に似ていて、光沢のある黄緑色をしています。冬に花序をだし、小さな白い花をいっぱい咲かせます。 
シュウカイドウ科シュウカイドウ属の常緑多年草で、学名は Begonia reniformis。英名は Grape-leaf begonia。 
 
兵庫県加西市「兵庫県立フラワーセンター」にて、2005年01月20日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp