ベゴニア・ルブリマクラ

Begonia conchifolia var.rubrimacula

Begonia conchifolia var.rubrimacula

コスタリカが原産です。葉が大きなコンキフォリア種の変種で、葉は小さくほとんど円形です。表面は光沢のある濃緑色で、葉柄の接続部分の上には赤い斑があります。夏に総状花序をだして、白い花を咲かせます。 
シュウカイドウ科シュウカイドウ属の常緑多年草で、学名は Begonia conchifolia var.rubrimacula。英名はありません。 
 
兵庫県加西市「兵庫県立フラワーセンター」にて、2005年01月20日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp