ベルベリス・ユリアナエ

Berberis julianae

Berberis julianae

中国の中部に分布しています。常緑性の「めぎ(目木)」で、高さは3メートルほどになります。小枝は角ばり、節には鋭い3個の棘があります。葉は楕円形から倒披針形で、棘状の鋸歯があり束生します。秋には一部が紅葉します。3月から4月ごろ、黄色い花を咲かせます。果実は長楕円形で青みがかった黒色に熟します。 
メギ科メギ属の常緑低木で、学名は Berberis julianae。英名はありません。 
 
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2005年01月19日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp