ベルのき (ベルの木)

Aegle marmelos

インドから東南アジアに分布しています。林内に生え、高さは8メートルほどになります。葉は披針形から楕円形で互生し、枝には長い棘が生えます。葉腋から総状花序をだし、緑白色の花を咲かせます。果実は倒卵形で黄色く熟し、生食されるほかジュースやマーマレードなどにも利用されます。またインドのヒンズー教徒のあいだでは、聖なる木とされています。 
ミカン科アエグレ属の落葉小高木で、学名は Aegle marmelos。英名は Bael tree、Bengal quince。 
 
愛知県名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、2006年11月15日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp