ビロードしだ (天鵞絨羊歯)

Pyrrosia linearifolia

Pyrrosia linearifolia

わが国の各地に分布しています。石灰岩地帯や古成層域に多く、岩の上や樹幹に着生します。長く這う根茎には、赤褐色の鱗片がつきます。葉は線形で、全体に星状毛が密生します。名前は、この毛に被われた葉をビロードに見立てたものです。 
ウラボシ科ヒトツバ属の常緑シダ植物で、学名は Pyrrosia linearifolia。英名はありません。 
 
岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、2003年01月26日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp