ブルーフラックス

Linum lewisii

Linum lewisii

Linum lewisii

Linum lewisii

北アメリカの西部、アラスカからカリフォルニアの南部まで分布しています。山地帯から高山帯に生え、高さは60〜90センチほどになります。乾燥には極めて耐性があります。葉は細い披針形で、地面から45センチくらいのところまでついています。3月から9月ごろまで、長く伸びた枝先に淡い空色の花を咲かせ続けます。 
アマ科アマ属の多年草で、学名は Linum lewisii。英名は Blue flax、Western blue flax。 
The blue flax (Linum lewisii) belongs to Linaceae (the Flax family). It is a perennial herb that is distributed from Alaska to the south of California, in the west of North America. This herb grows from mountainous to alpine area, and the height is about 60-90 cm. It is extremely resistant to drying. The leaves are thin lanceolate and bear about 45 cm from the ground. The light blue flowers continue to bloom on the long branches from March to September. 
[上・中1] アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、2003年11月09日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・下] アメリカ・テキサス州「パロデュロキャニオン州立公園」にて、2019年10月17日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp