ボスウェリア・サクラ [Index] [Back]

Boswellia sacra

Boswellia sacra

アラビア半島やアフリカ北東部が原産です。標高1200メートルまでの岩礫地の斜面や峡谷に生え、高さは2〜8メートルになります。幹はひとつまたは数個で、その樹皮は紙質、簡単に剥がれます。葉は奇数羽状複葉で、卵形の小葉がつきます。花はごく小さく黄白色で、葉腋の花序に咲きます。果実は1センチほどの刮ハです。この木は、その芳香性樹脂のために、しばしば栽培されたり自然から採取されてきました。これは「乳香」と呼ばれ、古くからこの塊を焚いて香としたり、香水などに使用する香料の原料として利用されてきました。 
カンラン科ボスウェリア属の落葉低木で、学名は Boswellia sacra。英名は Olibanum-tree、Frankincense。 
Olibanum-tree (Boswellia sacra) belongs to the Burseraceae (the Torchwood family). It is a deciduous small tree that is native to the Arabian Peninsula and northeastern Africa. This tree grows on rocky slopes and ravines, up to an altitude of 1200 m, and up to a height of 2-8 m. The trunk is one or more, its bark has texture of paper and can be removed easily. The leaves are odd-pinnate compound with ovate leaflets. The flowers are tiny, yellowish white, and bloom in axillary clusters. The fruit is a capsule about 1 cm long. This tree is often cultivated and harvested from the wild for its aromatic resin. This is called "frankincense", it has been burning this chunk and made it incense or used as a raw material for perfumes, or burning this chunk and made it incense for a long time. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、2011年12月04日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp