ブロメリア・ニドゥスプエラエ

Bromelia nidus-puellae

Bromelia nidus-puellae

南アメリカの北部に分布しています。地生種で、長い剣状の葉を伸ばし、棘状の鋸歯があります。生垣に植栽されたり、果肉は生食できるようです。また果実が抗壊血病の効果があるという記述もあります。 
パイナップル科ブロメリア属の常緑多年草で、学名は Bromelia nidus-puellae。英名はありません。 
 
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2005年02月15日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp