ブルボフィルム・マンディブラーレ

Bulbophyllum mandibulare

インドネシアとボルネオ島に分布しています。ブルボフィルム属はラン科最大の属のひとつで、おもに東南アジアに分布する着生ランです。唇弁と蕊柱脚部の間に節があって、唇弁が動くのが特徴です。本種についての詳細な情報は見あたりません。 
ラン科ブルボフィルム属の常緑多年草で、学名は Bulbophyllum mandibulare。英名はありません。 
 
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2004年02月07日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp