ブルボフィルム・メデューサエ

Bulbophyllum medusae

Bulbophyllum medusae

マレー半島からスマトラ島、カリマンタン島に分布しています。着生ランで、卵形のバルブに、線状長楕円形の厚い葉をつけます。秋から冬にかけて、花茎の先に淡い黄色の花を咲かせます。側萼片が糸状に長く伸び、仏具の払子(ほっす)を思わせます。 
ラン科ブルボフィルム属の常緑多年草で、学名は Bulbophyllum medusae。英名はありません。 
 
愛知県名古屋市千種区「東山植物園」にて、2002年12月22日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp