フィクス・ペチオラリス

Ficus petiolaris

Ficus petiolaris

メキシコ北部のソノラ州から南部のオアハカ州に分布しています。高さは3〜9メートルになり、心形の葉が互生します。葉柄は長く、葉脈が赤みを帯びて目立ちます。幹の基部が肥大するため、多肉植物としても栽培されます。 
クワ科イチジク属の常緑小高木で、学名は Ficus petiolaris。英名は Lava fig、Texcalamate。 
 
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2006年07月22日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp