フィクス・ウンベラータ

Ficus umbellata

Ficus umbellata

アフリカ西部のセネガルから中央アフリカ、アンゴラ南西部にかけて分布しています。低地の熱帯雨林やガレリア林(川沿いに伸びる林)、それにサバンナの林にも生えます。葉は卵形で大きく、長さは30センチほどになります。日除けのために植栽されたり、果実を食用にするそうです。 
クワ科イチジク属の常緑中高木で、学名は Ficus umbellata。英名はありません。 
 
京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2005年03月19日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp