フニーバオバブ

Adansonia fony

Adansonia fony

Adansonia fony

Adansonia fony

Adansonia fony

マダガスカル島の西部から南部に分布しています。バオバブのなかでは小型で、ふつう高さは4〜5メートルほどです。幹は肥大して徳利形となり、枝の下ではっきりした括れがあります。葉は乾季には落葉します。花は鮮やかな黄色から橙黄色で、昼咲きの一日花です。果実は食用や調味料に利用されます。サン・テグジュペリの「星の王子さま」で、星を壊してしまう巨木として描かれているのは「バオバブ(Adansonia digitata)」です。写真の個体の推定樹齢は70年、国内で初めての開花だそうです。 
パンヤ科バオハブ属の落葉低木で、学名は Adansonia fony。英名は Fony baobab。 
 
[上・下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年02月03日撮影。
[中1〜3] 同上にて、2006年08月11日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp