ふじてんにんそう (富士天人草)

Leucosceptrum srellipilum f. barbinerve

Leucosceptrum srellipilum f. barbinerve

Leucosceptrum srellipilum f. barbinerve

わが国の各地に分布する「てんにんそう(天人草)」の一品種です。とくに富士山周辺に多く分布するといわれます。山地の木陰や草地に生え、高さは1メートルほどになります。葉は長楕円形から広披針形で対生します。8月から10月ごろ、茎頂に穂状花序をだし、淡黄色の唇形花を咲かせます。「てんにんそう」とは、花序のすぐ下の葉の裏面中肋や花梗に開出毛が多いことで区別されます。 
シソ科テンニンソウ属の多年草で、学名は Leucosceptrum srellipilum f. barbinerve。英名はありません。 
 
滋賀県米原市上野「伊吹山」にて、2006年09月09日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp