ふゆぼだいじゅ (冬菩提樹)

Tilia cordata

Tilia cordata

ヨーロッパから中央アジアのコーカサス地方に分布しています。高さは20メートルほどになり、丸い樹冠を形成します。葉は卵形からハート形で、長さは5〜10センチくらいです。夏に、芳香が強く小さな淡黄色の花を咲かせます。「せいようしなのき」は本種と「なつぼだいじゅ」との交雑種です。 
シナノキ科シナノキ属の落葉高木で、学名は Tilia cordata。英名は Little-leaf linden、Small-leaved linden。 
 
京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2005年04月28日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp